グローバルな方法

指を出すビジネスウーマン

電子書籍がお得な傾向

グローバル社会がますます広がり、SNSなどを通じてだれでも気軽に海外とやり取りができる時代になりました。海外旅行に行く人も増え、どこの国であってもまず英会話をマスターしていればかなり便利です。英会話を始めるにあたって教材を選ぶ際に価格が気になる人も多いでしょう。一般的に海外旅行や趣味目的の教材の場合は、相場はほぼ同じで千円前後で購入することができます。ビジネス英会話など仕事や専門性を含む内容の場合は、相場は少し上がります。また、試験対策や模擬試験などの相場も千円以上と一般英会話よりは上がります。ただし、内容は同じでも電子書籍の場合だと2割から3割程度安く価格設定されているのが相場になっています。

音声ファイル付が主流に

これまでの英会話学習と言えば、教材を呼んで問題を解くという受動的なスタイルが一般的でしたが、現在の教材は音声ファイル付のものが主流です。ファイルはCDなどの媒体で付属しているか、オンライン上からダウンロードする場合などがあります。また、教材によっては動画ファイルやオンラインテストがついているなど、従来の学習より、もっと様々な方式で学習を効率よく進めていく工夫がなされています。特に、音読やれぴゅてーしょんを意識した音声ファイルのつくりになっているなど、実際に声に出して練習するという学習に重点を置いているものが多く見受けられます。今後は、これまでの受験対策のための英会話ではなく実際に使えるという方向へシフトしていくでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加